よくあるご質問

おでこ(額)にあるシミが気になります。どんな治療方法がありますか?

おでこ(額)のシミは、老人性色素斑や肝斑などの可能性があります。症状に合わせた治療を行いますので、ご相談ください。

おでこ(額)のシミは人目につきやすいため、ご相談の多いお悩みのひとつです。
ひと口におでこのシミと言っても様々な種類があり、種類によって治療方法も異なりますので、まずはあなたのおでこにあるシミの状態をチェックしてみてください。

(1)眉毛の周囲やおでこの一部分に、ぽつぽつとシミがある
シミの形が丸い、肌との境界がはっきりしているといった特徴があれば、最も一般的なシミである「老人性色素斑」の可能性が高いです。

老人性色素斑は、メラニン色素という色素が肌に沈着することで発生します。紫外線に当たるとメラニン色素が大量につくられ、排出が追いつかなくなるとシミになってしまうのです。
おでこを広く出したヘアスタイルをしている女性や、短髪の男性によく見られるシミです。
おでこは顔や腕などと同様に紫外線が当たりやすいため、シミができやすいのです。

当クリニックでは、おでこにある老人性色素斑は、ライムライトやアキュチップなどで治療を行います。
ライムライトは、IPLという種類の光を肌に照射する治療です。ターンオーバーを促進する効果がありますので、肌の奥に溜まったメラニンが排出され、おでこのシミの改善効果があります。
≫おでこのシミの治療法(ライムライト)

また、おでこのシミの直径が小さい場合は、アキュチップがおすすめです。
アキュチップは照射口の直径が6mmと小さいため、他の部位に負担をかけずにシミ治療ができます。
おでこのシミは色が濃いものは少ないため、機器の性能や安全上、従来のレーザー治療では治療ができない場合もあります。しかしアキュチップであれば、従来治療が難しかった色の薄いおでこのシミの治療も行うことができます。
≫おでこのシミの治療法(アキュチップ)

おでこのシミの状態

(2)ぼんやりとしたシミがおでこの中心から左右に広がっている
おでこのシミでこのような特徴がある場合は、「肝斑」の可能性があります。
肝斑は30代以上の女性に多く現れることで知られており、ぼんやりとしたシミが左右対称に広がります。
一般的なシミができる主な原因は紫外線ですが、肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることが主な原因と言われています。
最近、妊娠や出産、ピルの服用開始・中止などの機会があった場合は、肝斑ができるきっかけになったかもしれません。
よく目の外側や頬にできることが多いシミと言われていますが、おでこにも発生する場合があります。

肝斑は、他の種類のシミとは違い、レーザーで悪化する可能性がありますので、光治療や内服薬を組み合わせた治療が中心になります。
≫おでこのシミの治療法(肝斑)

当クリニックでは、医師があなたのシミの種類を診断し治療方針をお伝えしますので、まずは、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 シミ取り治療なら私たちにお任せください! 

完全予約制

03-6680-8386

【受付時間】11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top