肝斑(かんぱん)のシミ治療

左右対称に現れるぼんやりとしたシミ

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)の特徴

肝斑(かんぱん)とは、目の下や目尻、口の周りなどに左右対称に現れるシミで、肌との境界がはっきりせず、広範囲に広がっているのが特徴です。
30~40歳代に現れることが多く、老人性色素斑など他のシミと併発している可能性もあります。
肝斑は、他のシミと原因が異なるため、治療方法やケアを間違えると悪化してしまう恐れがあります。
自己判断せず、皮膚科などの医師に相談することをおすすめします。

肝斑(かんぱん)の原因

肝斑(かんぱん)の原因は、ホルモンバランスの影響といわれています。
妊娠やピルの服用、ストレスなどで女性ホルモンのバランスが変化したときに発症することが多いようです。
そのため、肝斑ができやすいのは30~40歳代の女性で、60歳代以降は閉経とともに薄くなったり消えたりする傾向にあります。

肝斑(かんぱん)の予防法

肝斑(かんぱん)の予防方法は、まず、規則正しい生活を送ることです。
不規則な生活は、肝斑の原因であるホルモンバランスの乱れを引き起こします。
これだけで完全に肝斑を予防することはできませんが、発症リスクを減らすことはできます。
また、肝斑も他のシミと同様、紫外線や不適切なスキンケアで悪化してしまいますので、気をつけましょう。

肝斑でお悩みの方におすすめの治療プラン

肝斑(かんぱん)の治療は他のシミより改善が難しく、肝斑の特性に合った複数の治療と処方薬を組み合わせたプランをおすすめしております。
複数の治療を組み合わせることにより、肝斑の改善はもちろんのこと、透明感のあるモチモチ肌に。
毎日のスキンケアに苦労されている方、セルフケアに限界を感じている方、お悩みから開放されませんか?

肝斑治療コース

肝斑でお悩みの方におすすめのドクターズコスメ

当クリニックでは、医療機関専売のドクターズコスメを数多く取り扱っています。
市販品にはない成分を使用したものや、有効成分が高濃度のものなど、クリニックでしか手に入らない化粧品です。
アドバイスや試用も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

資生堂が開発したドクターズコスメ

ナビジョンDR

美白有効成分「トラネキサム酸」「4−メトキシサリチル酸カリウム塩」が、メラニンの生成を抑え、肝斑をケアします。それだけでなく、透明感、ツヤ、ハリなど、理想的な美肌作りを追求したシリーズです。

内側と外側から紫外線ダメージを軽減

HELIOCARE(ヘリオケアー)

皮膚科医が開発した日焼け止めジェルは肌に優しく、治療後の敏感なお肌にもお使いいただけます。サプリメントは、外用する日焼け止めでは防げなかった紫外線ダメージを体内から軽減。光老化(シワ、たるみ、皮膚癌のリスク)や肝斑の予防にも効果的です。

AHA、BHA、ハイドロキノン配合の洗顔石鹸

スキンピールバー ハイドロキノール

肝斑の治療薬にも配合されている美白成分「ハイドロキノン」を配合した洗顔石鹸。AHA、BHAが古い角質を取り除き、透明肌へ導きます。洗顔はもちろん、ボディソープとしてもお使いいただけます。

肝斑(かんぱん)以外のシミ

老人性色素斑
…  最も一般的な種類のシミ。
そばかす
…  幼少期から思春期に発症する小さくて広範囲に広がるシミ。
炎症性色素沈着
…  炎症の跡がシミとして残ったもの。
後天性真皮メラノサイトーシス
…  肝斑と似た症状で正確には青あざに分類。
脂漏性角化症
…  ザラザラした光沢のないシミ。別名「老人性イボ」

シミの種類診断に戻る

 シミ取り治療なら私たちにお任せください! 

完全予約制

03-6680-8386

【受付時間】11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。