後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスとは、真皮(皮膚の深い部分)にできるシミで、正確には青あざに分類されます。
英語の「Acquired Dermal Melanocytosis」を略した「ADM」や、「両側性遅発性太田母斑様色素斑」とも呼ばれています。


目次 [ 非表示にする 表示する ]

後天性真皮メラノサイトーシスの特徴

後天性真皮メラノサイトーシスは、額の両端や頬にまとまって現れる、直径1mm~3mmほどのシミです。
10代後半~40代の女性に多く見られるシミで、左右対称に現れるため、そばかすや肝斑によく似ています。

メラニン(シミの原因となる色素細胞)が肌の深い場所に移動するにつれて、シミの色が、こげ茶→灰色→青と変化していきます。

肝斑と併発しているケースが多く、正確な診断が難しいシミです。

≫そばかすについて詳しくはこちら

≫肝斑について詳しくはこちら

後天性真皮メラノサイトーシスの原因

通常、シミの原因を作るメラノサイトは表皮(皮膚の浅い部分)にあります。
後天性真皮メラノサイトーシスは、表皮よりも奥にある真皮(皮膚の深い部分)にメラノサイトができ、メラニンが沈着してしまうことで発症します。
発症の原因は遺伝によるものが多いと言われていますが、紫外線やホルモンバランスの影響もあるため、注意が必要です。

後天性真皮メラノサイトーシスの予防法

通常のシミ(老人性色素斑)などと同じく、紫外線対策や規則正しい生活、適切なスキンケアによってある程度予防が可能です。
特に、紫外線対策は毎日の積み重ねが重要ですので、日焼け止めを塗るなどの予防をしっかりと行いましょう。

≫老人性色素斑について詳しくはこちら


炎症後色素沈着以外のシミ

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top