後天性真皮メラノサイトーシスのシミ治療

肝斑と似た症状で正確には青あざに分類
後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスの特徴

後天性真皮メラノサイトーシスとは、真皮(皮膚の深い部分)にできるシミで、正確には青あざに分類されます。
「ADM」と略されたり、別名「両側性遅発性太田母斑様色素斑」とも呼ばれています。
額の両端や頬に、直径1mm~3mmほどのシミがまとまって左右対称に現れます。そばかすや肝斑にも似ていますが、色はこげ茶、灰色、青などで、他のシミと異なっています。10歳代後半~40代の女性に多く見られます。
後天性真皮メラノサイトーシスは肝斑との判別が難しく、併発している場合もあります。まずは美容皮膚科などで、専門知識を持つ医師に相談しましょう。


後天性真皮メラノサイトーシスの原因

後天性真皮メラノサイトーシスの原因は、遺伝性が高いと言われていますが、紫外線やホルモンバランスの乱れの影響もあると考えられています。


後天性真皮メラノサイトーシスの予防法

後天性真皮メラノサイトーシスの予防法は、遺伝性の疾患のため確実な方法がありません。
他のシミと併発して、シミのお悩みが深刻化する場合もあるため、他のシミの予防である、紫外線対策や規則正しい生活、適切なスキンケアを心がけることで、お悩みを最小限に抑えられる可能性があります。

後天性真皮メラノサイトーシス以外のシミ

老人性色素斑
最も一般的な種類のシミ。
そばかす
幼少期から思春期に発症する小さくて広範囲に広がるシミ。
肝斑
左右対称に現れるぼんやりとしたシミ。
炎症性色素沈着
炎症の跡がシミとして残ったもの。
脂漏性角化症
ザラザラした光沢のないシミ。別名「老人性イボ」

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top