そばかす(雀卵斑)

そばかす(雀卵斑)

そばかすとは、目の下から鼻、頬にかけてできる直径1~4mmほどの細かい斑点状のシミです。まれに、手や肩、腕にもできることがあります。
そばかすの模様がスズメの卵の模様に似ていることから、「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれます。


目次 [ 非表示にする 表示する ]

そばかすの特徴

そばかすのある女性

そばかすは遺伝により幼少期から思春期にかけて発症する事が多く、一般的に色白の人の方ができやすいと言われています。また、女性ホルモンの影響で、男性よりも女性の方が発症しやすい傾向にあります。

そばかすは季節によって濃さが変化するシミです。紫外線が強くなる春から夏にかけては色が濃く、秋から冬にかけては少し薄くなります。

そばかすの原因

そばかすの原因は遺伝子の型

そばかすの原因には「MC1R遺伝子」が関係しているといわれています。
MC1R遺伝子にはシミやそばかすが「できやすい型」と「できにくい型」があり、「できやすい型」を持っている人は高い確率で幼少期からそばかすを発症してしまうのです。

そばかすの原因自体は遺伝的なものですが、発症するきっかけは紫外線や女性ホルモンの乱れなど様々です。そのため、子供の頃は気にならなかったのに、年齢を重ねてから発症してしまうケースもあります。
反対に、年齢を重ねるにつれてそばかすが薄くなる人もいるなど、発症と薄くなるタイミングは様々です。

そばかすのできやすい人の特徴

そばかすができやすい人には以下のような特徴があります。

シミの原因であるメラニン色素には、ユーメラニンという濃い色(黒色~こげ茶色)とフェオメラニンという薄い色(赤茶色~黄色)の2種類が存在します。
そばかすができやすいMC1R遺伝子の型を持っている人は、色の薄いフェオメラニンを多く持っています。メラニンは肌や髪の色に関わる色素のため、フェオメラニンを多く持つ人は色白の人が多いのです。

そばかすの治療法

正しいシミの種類の診断

シミにはそばかす以外にもいくつか種類があり、適した治療法も異なります。若いときは、そばかすのみを発症していても、年齢を重ねるにつれて老人性色素斑や肝斑と併発するケースも多くあります。

そばかすの治療に悩んだら、専門の医師による適切な診断と治療法の選択が必要不可欠です。


そばかす治療には光治療がおすすめ

そばかす治療は、顔全体のそばかすを薄くし、肌をトーンアップさせることが大切です。具体的な治療法としては光治療の「ライムライト」と「アキュチップ」の組み合わせをおすすめしております。

そばかす治療後にきれいな肌を維持し続けるためには、年に1回ペースでメンテナンス治療を行うと良いでしょう。

ライムライト

ライムライトの施術写真

ライムライトは、日本人に合わせて開発された光治療器です。日本人に多い色の薄いシミも治療できるため、従来では治療が難しかった薄い色のそばかすにも効果を発揮します。

≫ライムライトについて詳しくはこちら

アキュチップ

アキュチップの施術写真

アキュチップは、スポットのシミ取りができる光治療器です。ライムライトに比べて若干痛みがありますが、ダウンタイムはなく、施術が終わり次第すぐメイクをして帰れます。

≫アキュチップについて詳しくはこちら

ライムライトとアキュチップの違い

  ライムライト
(光治療)
アキュチップ
(光治療)
シミの濃さ
薄いシミもOK

薄いシミもOK
通院回数
3~5回

3~5回
照射範囲 顔全体 スポット
痛み
なし

ややあり
ダウンタイム
なし

なし

ライムライトとアキュチップの大きな違いは、照射範囲です。2つを組み合わせることで、ピンポイントで気になる濃いそばかすも、薄く全体に広がってしまったそばかすにも効果を発揮します。

銀座肌クリニックでは、ライムライトとレーザー治療のジェネシスを組み合わせた「若返り・肌再生プラン」をご用意。
こちらのプランは、そばかすだけでなくシミや小じわや毛穴・ニキビなどにも効果があります。
必要に応じてアキュチップを組み合わせることで、そばかすを解消しながら美肌に導きます。

≫若返り・肌再生プランについて詳しくはこちら

シミのメカニズム

そばかすは紫外線により誘発されることをご説明しましたが、そばかすを含む「シミ」はどのようにして発症するのでしょうか。
シミのメカニズムについて解説いたしましょう。

シミのできるメカニズム

そばかすの予防法

紫外線対策

そばかす予防には紫外線対策が重要

そばかすは紫外線を浴びることで誘発されるため、発症させないよう、紫外線対策をしっかりと行いましょう。
すでにそばかすを発症している方でも、紫外線対策を行うことでそばかすを薄くできます。

紫外線は季節によって強さの差はあるものの、基本的に年中降り注いでいます。雨や曇りの日でも日焼け止めはできるだけ毎日塗りましょう。こまめな塗り直しも大切です。

通常の塗る日焼け止めに加えて、飲む日焼け止めも併用すると紫外線の予防効果がより高まります。
銀座肌クリニックでもUV対策サプリメント「U・Vlock」をご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。


そばかすにおすすめのドクターズコスメ

資生堂が開発したドクターズコスメ
ナビジョンDR

資生堂が開発したドクターズコスメ ナビジョンDR

美白有効成分「トラネキサム酸」「4−メトキシサリチル酸カリウム塩」が、メラニンの生成を抑え、そばかすをケアします。それだけでなく、透明感、ツヤ、ハリなど、理想的な美肌作りを追求したシリーズです。


U・Vlock(UV対策サプリメント)

U・Vlock(UV対策サプリメント)

1粒で24時間効果を発揮する、日本製の飲む日焼け止めサプリメント。ビタミン・プロテオグリカンなどの成分が美肌に導きます。
塗る日焼け止めと併用し、毎朝1粒を目安に噛まずにお召し上がりいただくことで、高い紫外線対策が期待できシミ対策にピッタリです。

そばかすに関するよくあるご質問

よくある質問を全て見る

そばかす(雀卵斑)以外のシミ

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top