肝斑(かんぱん)

肝斑とは?

肝斑のできる位置

肝斑とは、左右対称に、もやっと広がっている境界のあいまいなシミのことです。
頬骨の付近に現れるケースが多いですが、額や下あご、鼻の下辺りにできることもあります。

肝斑について、詳しく説明していきましょう。


肝斑の特徴

肝斑は、20代~50代の女性に多くみられるシミです。
一般的に「シミ」といわれる老人性色素斑(日光性色素斑)とは異なり、年齢を重ねるごとに増えることはなく、60代以降は閉経とともに薄くなることもあります。

肝斑と老人性色素斑は見分け方が難しく、併発していることも多いシミです。たまたま左右対称にできているシミを、肝斑だと勘違いしてしまう場合もあります。

≫老人性色素斑(日光性色素斑)について詳しくはこちら

肝斑のセルフチェックポイント

あなたのシミが肝斑かどうか、以下のポイントを確認してみましょう。

複数の項目が当てはまるという方は、肝斑ができているかもしれません。
肝斑治療は非常に難しいため、早めに専門の医療機関を受診しましょう。


肝斑の原因

肝斑の原因は、いまだにはっきりとは解明されていません。しかし、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用がきっかけで発症する人が多いことから、女性ホルモンの影響が原因ではないかと考えられています。

また、肝斑が発症する直接的な原因ではないですが、紫外線や肌への刺激、精神的なストレスは肝斑を濃く悪化させる要因となります。

肝斑の治療法

正しいシミの種類の診断

肝斑は老人性色素斑などと併発していることも多く、診断と治療方法の選択が難しいシミです。そのため、専門の医療機関で正しく診断・治療を受けましょう。

肝斑は、内服薬やイオン導入によるトラネキサム酸・ビタミンCの摂取と光治療・レーザー治療を組み合わせることで薄くなっていきます。
肝斑と他のシミを併発している場合は、まず肝斑の治療を行い、そのあと他のシミの治療を行います。


肝斑に最も有効な内服薬

肝斑にはトラネキサム酸の内服が効果的

肝斑治療には、トラネキサム酸、ビタミンCの内服が最も有効です。

トラネキサム酸は、メラニン(シミの原因となる色素細胞)の生成を抑制する働きがあり、肝斑治療には非常に有効です。
肝斑は女性ホルモンが原因とされていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンには影響せず、メラニンの生成にのみ影響するため、安心して治療を受けていただけます。

ビタミンCは、メラニンの生成量を抑えるだけでなく、すでにできてしまった肝斑を薄くする働きがあります。

基本的な肝斑治療では、まずトラネキサム酸やビタミンC配合の内服薬を処方し、経過を観察します。経口避妊薬(ピル)を服用中の方はトラネキサム酸を減らすことがあるので、イオン導入の併用も有効です。
また、イオン導入はケミカルピーリングと組み合わせて行うことで効果が高まります。

≫イオン導入について詳しくはこちら


ライムライト・ジェネシスで肌に負担の少ない肝斑治療を

ライムライトとジェネシスで肝斑を薄く

肝斑治療では、トラネキサム酸やビタミンCを内服した後、経過を観察しながらレーザー治療や光治療を行います。

肝斑は他の種類のシミとは異なり、一度でシミが解消するような強いレーザーを照射すると、刺激が強すぎて悪化してしまうことがあります。
そのため、肝斑によるメラニンを減らしていくには、肌に負担の少ないレーザー治療や光治療を繰り返し行わなければいけません。肝斑を悪化させないよう、複数回に分けて少しずつ治療することで、徐々にシミを薄くしていきます。

肌に負担の少ないレーザー治療・光治療として、ジェネシスやライムライトがおすすめです。肝斑やその他のシミを薄くするだけではなく、シミができにくい肌に改善します。二つを組み合わせて受けていただくと、さらに効果的です。

「肝斑がレーザー治療で悪化する」とは?

肝斑が、強いレーザーの照射によって悪化する原因は、はっきりとは解明されていません。
現在は、レーザーによって強い刺激が加わることで何らかの炎症反応が起き、メラニンの生成が行われるためではないかと考えられています。

また、初診の際に肝斑が認められない場合でも、老人性色素斑のレーザー治療を繰り返すことで色素沈着が浮き出てくる「隠れ肝斑」のケースがあります。隠れ肝斑が出てきたときには、すぐに肝斑の治療に切り替えましょう。

ライムライト

ライムライトの施術写真

ライムライトは、日本人に合わせて開発された光治療器で、多くの日本人に見られる薄いシミにも効果を発揮します。
トラネキサム酸・ビタミンCの内服と肝斑にあわせた照射モードでのライムライト治療を組み合わせることにより、肝斑を含むその他のシミ・くすみもまとめて薄くできます。

≫ライムライトについて詳しくはこちら

ジェネシス

ジェネシスの施術写真

ジェネシスは、様々な肌トラブルを防ぎながら肌質を改善できる、マイルドなレーザー治療です。肌のターンオーバーを促しながら、コラーゲンを増やし、肝斑のできにくい健康的な肌に導きます。

≫ジェネシスについて詳しくはこちら

シミのメカニズム

肝斑は女性ホルモンの乱れによって発症することをご説明しましたが、肝斑を含む「シミ」はどのようにして発症するのでしょうか。
肌にシミが現れるまでのメカニズムをご説明いたします。

シミのメカニズム

肝斑を悪化させないためには

ストレスをためない

肝斑に悩まず医療機関に早めの相談を

シミのもととなるメラニンを生成するメラノサイトは、ストレスが原因で活性化します。
日常生活のストレスだけではなく、「シミが治らない」ということに悩んでしまい、シミが悪化するケースもあります。

肝斑はセルフケアだけではきれいに治すことが難しいシミです。「肝斑かな?」と感じたら、悪化してしまう前に早めに相談をしましょう。


紫外線対策

シミ予防には紫外線が大事

肝斑の原因は紫外線だけではありません。しかし、紫外線を浴びることでメラノサイトが刺激されると、肝斑が悪化してしまいます。

さらに、紫外線は他の種類のシミやしわ、たるみの原因にもなるため、一年中対策が必要です。


正しいスキンケア

肝斑に対するアプローチは色々とありますが、間違ったスキンケアを続けると悪化させてしまう場合があります。特に肝斑は、診断や治療が難しいシミのため、スキンケアにも注意が必要です。

正しいスキンケアで、肝斑ができにくい肌を目指しましょう。

肌への摩擦は肝斑悪化の原因

肌への強い摩擦は、肝斑が悪化する原因となります。洗顔やメイク落としなどの方法には特に注意が必要です。

当院では、スキンケアの方法について相談やアドバイスを行っています。お気軽にご相談ください。

肝斑でお悩みの方におすすめのドクターズコスメ

肝斑治療には、トラネキサム酸や美白成分のハイドロキノンなどの有効成分を高濃度に含んだ、医療機関でのみ買えるドクターズコスメがおすすめです。

資生堂が開発したドクターズコスメ
ナビジョンDR

資生堂が開発したドクターズコスメ ナビジョンDR

美白有効成分「トラネキサム酸」「4−メトキシサリチル酸カリウム塩」が、メラニンの生成を抑え、肝斑をケアします。それだけでなく、透明感、ツヤ、ハリなど、理想的な美肌作りを追求したシリーズです。


AHA、BHA、ハイドロキノン配合の洗顔石鹸
スキンピールバー
ハイドロキノール

AHA、BHA、ハイドロキノン配合の洗顔石鹸 ハイドロキノール

肝斑の治療薬にも配合されている美白成分「ハイドロキノン」を配合した洗顔石鹸。AHA、BHAが古い角質を取り除き、透明肌へ導きます。洗顔はもちろん、ボディソープとしてもお使いいただけます。

肝斑(かんぱん)に関するよくあるご質問

よくある質問を全て見る

肝斑(かんぱん)以外のシミ

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top