老人性色素斑(日光性色素斑)のシミ治療

最も一般的な種類のシミ
老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑(日光性色素斑)の特徴

老人性色素斑とは、一般的に「シミ」と認識されているもので、「日光性色素斑」とも言います。大きさは5~20mmで、形は円形が多く、肌とのシミの境界がはっきりしているのが特徴です。
30代~40代に出はじめ、50代では約8割の方にあると言われています。
老人性色素斑は、顔、手の甲、腕、背中など、日光を浴びやすい部位にできます。
放置していると、シミが盛り上がってきて、レーザー治療が必要な「脂漏性角化症」になる場合もありますので、早めの対策をおすすめします。


老人性色素斑(日光性色素斑)の原因

老人性色素斑というシミの主な原因は2つあります。
ひとつは「紫外線を浴びたことによるメラニンの増加」で、もうひとつは「肌のターンオーバー(代謝)の滞り」です。
メラニンとは、黒や褐色の色素で、紫外線からお肌を守る働きがあります。
紫外線を浴びすぎると、お肌を守るために過剰にメラニンが生成され、シミとなってしまいます。
また、通常は余分なメラニンは肌のターンオーバーに合わせて排出されるのですが、ターンオーバーが滞ると、メラニンが沈着して老人性色素斑になります。


老人性色素斑(日光性色素斑)の予防法

老人性色素斑というシミを予防するためには、過剰なメラニンの生成を抑えることと、肌のターンオーバーを正常に保つことが重要です。具体的には、下記の4つが挙げられます。

  • 紫外線対策 シミの原因となるメラニンの過剰生成を防ぎます。
  • ビタミンCの摂取 メラニン生成を抑える働きがあります。
  • 規則正しい生活 不規則な生活で肌のターンオーバーが乱れます。
  • 正しいスキンケア 不適切なスキンケアもターンオーバーに影響します。

老人性色素斑(日光性色素斑)に効果のある治療法

老人性色素斑は、シミの濃さや大きさ、個数やシミのできている範囲などに個人差があります。
当クリニックでは、症状に合わせて確実にシミを改善できるよう、複数の治療をご用意しております。
お肌に詳しい医師が症状を診断し、通院回数やダウンタイムなどのご希望を伺った上で、最適な治療を選択いたします。

  ライムライト
(光治療)
アキュチップ
(光治療)
シミの濃さ
薄いシミもOK

薄いシミもOK
通院回数
3~5回

3~5回
照射範囲 顔全体 スポット
痛み
なし

ややあり
ダウンタイム
なし

なし

老人性色素斑でお悩みの方におすすめのプラン

若返り・肌再生プラン


老人性色素斑でお悩みの方におすすめのドクターズコスメ

当クリニックでは、医療機関専売のドクターズコスメを数多く取り扱っています。
市販品にはない成分を使用したものや、有効成分が高濃度のものなど、クリニックでしか手に入らない化粧品です。
アドバイスや試用も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

資生堂が開発したドクターズコスメ
ナビジョンDR

資生堂が開発したドクターズコスメ ナビジョンDR

美白有効成分「トラネキサム酸」「4−メトキシサリチル酸カリウム塩」が、メラニンの生成を抑え、シミを予防します。シミ予防だけでなく、透明感、ツヤ、ハリなど、理想的な美肌作りを追求したシリーズです。

老人性色素斑に関するよくあるご質問

よくある質問を全て見る

老人性色素斑(日光性色素斑)以外のシミ

そばかす
幼少期から思春期に発症する小さくて広範囲に広がるシミ。
肝斑
左右対称に現れるぼんやりとしたシミ。
炎症性色素沈着
炎症の跡がシミとして残ったもの。
後天性真皮メラノサイトーシス
肝斑と似た症状で正確には青あざに分類。
脂漏性角化症
ザラザラした光沢のないシミ。別名「老人性イボ」

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top