老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑(日光性色素斑)とは?

老人性色素斑(日光性色素斑)とは、一般的に「シミ」と認識されている、肌が部分的に茶色くみえる状態のことです。 これは皮膚の下にメラニンという色素が蓄積し、周りの肌色より濃く見えてしまうために起こります。

ここでは、老人性色素斑について詳しく解説していきましょう。

老人性色素斑(日光性色素斑)の特徴

頬骨の上は、シミができやすい部分

老人性色素斑(日光性色素斑)は、顔・手の甲・腕・肩・背中など日光を浴びやすい部位にできる、5㎜~20㎜ほどのシミです。 顔の中でも、頬骨の上は老人性色素斑ができるリスクの高い場所です。
30代~40代にでき始める方が多く、50代では約8割の方にあると言われています。

同じように30代~40代によく見られるシミとして肝斑(かんぱん)がありますが、肝斑は老人性色素斑とは原因も治療法も異なるタイプのシミです。


老人性色素斑(日光性色素斑)の原因

老人性色素斑の原因は紫外線や加齢

老人性色素斑(日光性色素斑)ができる主な原因は、「紫外線を浴びたことによるメラニンの増加」と「肌のターンオーバー(代謝)の乱れ」の2つです。
日焼け対策がおろそかだったり、ストレス・不摂生が重なったりすると、シミのできやすい状態になります。
若い方でもスポーツや職業の関係で外で活動する機会が多く、紫外線を長時間浴びる生活をしている場合は、シミができるリスクが高くなるため、注意が必要です。

また、加齢もシミの原因の一つです。
歳を重ねるごとに、ターンオーバーの乱れが起きやすくなり、シミが増えていきます。


老人性色素斑(日光性色素斑)の治療法

老人性色素斑(日光性色素斑)を治療するには、肌のターンオーバーを促す必要があります。正常なターンオーバーを保ちつつ、メラニンの過剰な生成を抑えて、シミのできにくい美肌を目指しましょう。


老人性色素斑の治療には光治療がおすすめ

光治療(IPL治療)は、沈着してしまったメラニンを破壊する効果があります。
肌の内部に働きかけターンオーバーを促す作用もあり、破壊したメラニンの排出を手助けします。繰り返し治療を行うことで徐々にシミが薄くなっていきます。
光治療にはいくつか種類がありますが、ここではシミ治療におすすめの「ライムライト」と「アキュチップ」についてご紹介しましょう。


ライムライト

老人性色素斑に最適なライムライト

ライムライトとは、ターンオーバーを促しながら広い範囲のシミに効果を発揮する光治療器です。
従来の欧米人用の光治療器とは異なり、ライムライトは日本人の肌色に合わせて開発された光治療器です。日本人に多く見られる色の薄いシミにも効果を発揮します。

>ライムライトについて詳しくはこちら

アキュチップ

老人性色素斑のスポット治療にはアキュチップ

アキュチップは、シミをピンポイントで改善できる、照射範囲の狭い光治療器です。スポット治療のため、お肌の負担を最小限に抑えます。

>アキュチップについて詳しくはこちら


ライムライトとアキュチップの比較

ライムライトとアキュチップの大きな違いは照射範囲です。ライムライトが顔全体のシミをまんべんなく薄くするのに対し、アキュチップは気になる部分のシミをピンポイントで治療できます。

  ライムライト
(光治療)
アキュチップ
(光治療)
シミの濃さ
薄いシミもOK

薄いシミもOK
通院回数
3~5回

3~5回
照射範囲 顔全体 スポット
痛み
なし

ややあり
ダウンタイム
なし

なし

シミ治療と聞くと、シミをピンポイントで治療するものだという印象を持っている方が多いのではないのでしょうか。 しかし、スポット治療でシミ取りを行うと、効果が目に見えやすい反面、治療した箇所が周りの肌よりも部分的に白くなり、かえって目立ってしまうというリスクがあります。

自然な仕上がりにするためには、スポット治療と全体的な治療を組み合わせることが重要です。 ライムライトとアキュチップを併用すると、狭い範囲の濃いシミも、顔全体にあるような薄いシミもまとめて解消できます。

銀座肌クリニックでは、ライムライトとアキュチップを組み合わせた「若返り・肌再生プラン」をご用意しております。
こちらのプランは、シミだけでなく小じわや毛穴、ニキビなどにも効果があります。リピーターが続出している、院内で人気No.1の治療です。

>若返り・肌再生プランについて詳しくはこちら


老人性色素斑(日光性色素斑)の仕組み

そもそも、老人性色素斑はどうしてできてしまうのでしょうか。
肌のターンオーバーや老人性色素斑のできるメカニズムについて、図を用いて解説いたしましょう。

肌のターンオーバーとは

肌のターンオーバーとは、いわゆる「代謝」のことで、肌が生まれ変わる一連の過程を指します。

肌のターンオーバーの仕組み

私たちの肌は通常、約6週間で生まれ変わりを繰り返しています。
しかし、生活習慣の乱れやストレスなど何らかの原因によりターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりの周期が遅れてしまいます。すると肌の内側に老廃物がたまりやすくなり、シミだけでなくニキビや肌荒れの原因となるのです。


老人性色素斑のできるメカニズム

シミができる仕組み

老人性色素斑(日光性色素斑)の予防

紫外線対策

紫外線による肌へのダメージは、老人性色素斑(日光性色素斑)だけではなく、しわやたるみの原因にもなります。 そのため、紫外線対策は美肌を目指すうえで特に重要です。

紫外線は基本的に年中降り注いでいるため、一年中対策が必要です。雨や曇りの日でも油断は禁物。日焼け止めはできるだけ毎日塗りましょう。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めはこまめに塗り直すことが大事

日焼け止めには「SPF」と「PA」の二つの指標があります。「SPF」は日焼け止め効果の持続する長さ、「PA」は紫外線によるダメージをカットする力を表しています。

SPFが高いと持続時間が長くはなりますが、肌への負担が大きくなるため、適切な強さの日焼け止めをこまめに塗り直すのがおすすめです。

また、肌が弱い方は飲む日焼け止めなども併用するとよいでしょう。
銀座肌クリニックでも「U・Vlock」というUV対策サプリメントをご用意しております。


規則正しい生活

美容のためには規則正しい食生活が重要

規則正しい食生活や適度な運動を続けることで、ターンオーバーが正常化していきます。
また、メラニンの生成を遅らせつつ、シミを薄くする効果もあるビタミンCを食事に取り入れましょう。

普段の生活の見直しを

シミができやすく、さらに生活の乱れを感じている方は、下記のポイントを見直してみてください。

  • 食生活
    ビタミンCを多く含むものや、抗酸化作用のあるものを重点的に食事に取り入れましょう。柑橘類はビタミンを多く含んでいますが、逆に紫外線を吸収してしまう「ソラレン」という物質も含まれているため注意が必要です。柑橘類は外出前に食べるのは控え、夕方~夜に摂取しましょう。
    緑黄色野菜や玄米は、ビタミンや食物繊維を多く含み美容に最適の食べ物です。毎日の食事に積極的に取り入れるといいですね。
  • 睡眠
    美容やアンチエイジングのためには、0時から数時間の睡眠が特に大切です。睡眠時間は、7時間を目安にしましょう。
  • ストレス
    ストレスは体調や肌のターンオーバーに大きく影響を与えます。ストレスをため込みすぎないよう、適度に発散しましょう。
  • 運動
    血行不良を解消することは、美肌にも大きく関係しています。毎日20分程度のウォーキングやジョギングを心がけましょう。

正しいスキンケア

シミ治療には正しいスキンケアを

このページを読んでいる方の中には、
「すでに様々なスキンケアを試してみたけどシミに効果がなかった」
と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

シミに対するアプローチは色々とありますが、間違ったスキンケアを続けるとシミを悪化させてしまう場合があります。
正しいスキンケアで、シミを治療するだけではなく、シミができにくい肌を目指しましょう。

専門の医療機関でのケアが重要

シミには種類がいくつかあり、複数のシミを併発しているケースも少なくありません。正しいスキンケアを行うために、必ず専門の美容皮膚科で診断してもらい、治療を受けましょう。光治療や薬剤治療は、定期的に行うことで肌のターンオーバーを整え、シミのできにくい美肌へ導いてくれます。

有効成分を豊富に含んだドクターズコスメ

シミに有効なビタミンCやトラネキサム酸などの美白成分は、スキンケアにも積極的に取り入れましょう。
医療機関でのみ取り扱っているドクターズコスメは、ビタミンCをはじめとする様々な有効成分を豊富に含んだ、肌に優しい化粧品です。

資生堂が開発したドクターズコスメ
ナビジョンDR

資生堂が開発したドクターズコスメ ナビジョンDR

美白有効成分「トラネキサム酸」「4−メトキシサリチル酸カリウム塩」が、メラニンの生成を抑え、シミを予防します。シミ予防だけでなく、透明感、ツヤ、ハリなど、理想的な美肌作りを追求したシリーズです。


U・Vlock(UV対策サプリメント)

U・Vlock(UV対策サプリメント)

1粒で24時間効果を発揮する、日本製の飲む日焼け止めサプリメント。ビタミン・プロテオグリカンなどの成分が美肌に導きます。
塗る日焼け止めと併用し、毎朝1粒を目安に噛まずにお召し上がりいただくことで、高い紫外線対策が期待できシミ対策にピッタリです。

銀座肌クリニックでは、コスメの購入のみも大歓迎。どうぞお気軽にお越しください。

老人性色素斑に関するよくあるご質問

よくある質問を全て見る

老人性色素斑(日光性色素斑)以外のシミ

シミの種類診断に戻る

カウンセリング予約はこちら

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-6680-8386

WEBからのカウンセリング予約

予約フォーム

【完全予約制】診療時間 11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)
※業者様は、03-3486-3635へお願い致します。

銀座肌クリニックのLINE@

LINE@

LINE@

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Top